MHDモエ ヘネシー ディアジオ 3年目を迎える「シチズン・ウィーク・ジャパン 2021 -Living Soils, Living Together -」を実施

MHDモエ ヘネシー ディアジオは、82日(月)〜6日(金)にサステナビリティ/CSR活動の一環として、3年目を迎える「シチズン・ウィーク・ジャパン 2021 -Living Soils, Living Together (生きた土壌、共に生きる)-」を実施した。

Citizen Week(シチズン・ウィーク)はヨーロッパで制定されている、Sustainable Development Week (持続可能な発展週間)に沿って、Moët Hennessyグローバルとして取り組む、サステナビリティを促進する活動で、2018年はヨーロッパのMoët Hennessyグループで実施した本活動を2019年は全世界に拡大して実施した。
2020
年と2021年は、日本において継続的に開催することの意義を十分認識し、かつ、コロナ禍における昨今の状況に鑑み、オンラインにて実施した。(社員・スタッフ向け、一部LVMHグループ会社社員のイベント)

今年はモエ ヘネシー グローバルのサステナビリティ・マニフェスト、“Living Soils, Living Together(生きた土壌、共に生きる)を学び、共有し、行動に移すために、5日間のオンラインセミナーを実施した。

〇サステナビリティ・セミナー
期間中は各方面からのゲストスピーカーを招き、Zoomにて、全国の社員・スタッフが参加。
Living Soils Living Together
(生きた土壌、共に生きる)=モエヘネシーのグローバルのSustainability Manifestoの中の4つの柱、「土壌の再生」、「気候変動の緩和」、「社会との関わり」、「エンパワーメント」を各日のテーマとして、サステナビリティに関するトークイベントを行った。
廃棄物のリサイクルだけでなく、里山の保全、生物多様性の保全に尽力する、石坂産業 石坂典子社長。
セミナーや共同プロジェクトを通じて街のコミュニティづくりや地方創生に貢献すると共に今後のレストラン業界を牽引する、日本ファインダイニング協会 井上盛夫 副会長(salt group CEO)。
グローバルのモエヘネシー全体のサステナビリティを統括する、チーフ サステナビリティ オフィサーのサンドリーヌ・ソマー。
6
か国のワイナリーでサステナビリティに取り組むシャンドンからワインメーキング ディレクター ダン バックル。
グループのサステナビリティ活動を牽引するクリュッグから、CEO マギー エンリケスと6代目当主 オリビエ クリュッグなど。
サステナビリティにたずさわる6名のゲストスピーカーが登壇した。

1 Day Citizen Day
土壌、水、資源、生物多様性、気候変動について学ぶ1 dayアクティビティも10月末に実施予定。(詳細未定)


MHD
モエ ヘネシー ディアジオでは、引き続き、Living Soils, Living Together (生きた土壌、共に生きる)にまつわるサステナビリティ、
持続可能な発展、社会・環境に関する活動に注力するという。
リニューアルした、コーポレートサイトのサステナビリティ(SUSTAINABILITY/CSR)のページ

関連記事

ピックアップ記事

2021-9-14

クロ・デ・ムーシュ100周年

ページ上部へ戻る