ドメーヌ・ルフレーヴから新ネゴスブランド「エスプリ・ルフレーヴ」が誕生 初ヴィンテージの2018年は白5、赤3の全8アイテム

フランス・ブルゴーニュ地方のドメーヌ・ルフレーヴに、新たなネゴスブランドが誕生した。「Esprit Leflaive(エスプリ・ルフレーヴ)」と言う。これに伴い、従来あったネゴスブランドの「Leflaive Associés(ルフレーヴ・アソシエ)」はこれ以上拡大せず、エスプリ・ルフレーヴのアイテム数を順次増やしていく予定だ。

この構想は、2017年、ピエール・ヴァンサン氏がドメーヌ・ルフレーヴの支配人兼醸造責任者に就任したことから持ち上がった。ヴァンサン氏は前職時代にバイオダイナミックスのピノ・ノワールから素晴らしい赤ワインを数々醸造。その腕前を封印するにはしのびなく、白ワインのみのドメーヌのポートフォリオに、ネゴスながら赤ワインが加わる。

初ヴィンテージとしてリリースされるのは2018年のワインで、白が5、赤が3の8種類。いずれもオーガニック、またはバイオダイナミックスで栽培しているヴィニュロンから買い付けたブドウを元に、ルフレーヴの醸造施設にて醸造。収穫の段階からドメーヌのスタッフが携わっていると言う。どのキュヴェも300~5,000本の少量生産だ。

8つのキュヴェの中から今回は白3種類、赤2種類を試飲することができた。

 

Esprit Leflaive Chablis 1er Cru Fourchaume 2018

エスプリ・ルフレーヴ シャブリ・プルミエ・クリュ・フルショーム 2018

南西向き斜面に1970年植樹された、0.43haの畑のもの。卵型のコンクリートタンクと650ℓのオーク樽で1年、さらにステンレスタンクで半年熟成。

暑かった2018年を象徴するエキゾチックなフルーツの香り。パイナップルやグレープフルーツが華やかに感じられる。一方、口に含むと、シャブリらしい緊張感。凝縮した果実に美しい酸味とミネラルの風味。直線的で伸びがあり、ほのかに感じられるスモーキーなタッチがいかにもルフレーヴ。

希望小売価格:16,500円

 

Esprit Leflaive Savigny-Lès-Beaune 1er Cru Les Vergelesses 2018

エスプリ・ルフレーヴ サヴィニー・レ・ボーヌ・プルミエ・クリュ・レ・ヴェルジュレス 2018

南向き斜面に2009年植樹した0.43haの畑。土壌は砂がちの泥灰土と石灰岩。1年間オークの小樽(新樽率20%)で熟成の後、ステンレスタンクで6か月熟成。

フローラルなトップノーズにレモンやレモングラスの爽やかなアロマ。2018年らしからぬ伸びやかな酸味。ボディはタイトで緊張感に富み、直線的でデリケート。エレガントで上品な白ワインに仕上がっている。

希望小売価格:22,000円

 

Esprit Leflaive Pouilly-Fuissé Le Clos Reyssier 2018

エスプリ・ルフレーヴ プイィ・フュイッセ・ル・クロ・レイシエ 2018

シャントレ村の東向き斜面にある1.12haの畑。1950年植樹の古木である。1年間オークの小樽(新樽率15%)で熟成の後、ステンレスタンクで6か月熟成。ちなみにル・クロ・レイシエは2020年、プルミエ・クリュに昇格した区画だ。

火打ち石を擦ったようなスモーキーな香り。ピーチ、パイナップル、グレープフルーツといった黄色い果実に、貝殻のようなミネラル感。口中でも果実感が広がるが、後口に塩っぽいミネラルの風味が感じられ、豊かな酸味が全体を引き締める。

希望小売価格:16,500円

 

Esprit Leflaive Pommard 1er Cru Les Arvelets 2018

エスプリ・ルフレーヴ ポマール・プルミエ・クリュ 2018

ポマールの北の丘に位置する南向き斜面。1958年植樹の古木で面積は0.98ha。酸化鉄を多く含む粘土石灰質土壌。15か月オークの小樽(新樽率30%)で熟成後、ステンレスタンクで6か月熟成。

グラスに注いだ瞬間からラズベリーやストロベリーなど、良く熟した赤い果実のアロマが広がる。スワリングとともに現れる血っぽさや土っぽいフレーヴァー。ストラクチャーはしっかりしているものの、タンニンのきめはじつに細かい。今からでもおいしいが、高い熟成のポテンシャルを秘めたワイン。

希望小売価格:33,000円

 

Esprit Leflaive Nuits Saint-Georges 2018

エスプリ・ルフレーヴ ニュイ・サン・ジョルジュ 2018

ニュイ・サン・ジョルジュにある2つの区画のブレンド。土壌は粘土石灰質。1955年植樹の古木で面積は合わせて1.15ha。15か月オークの小樽(新樽率25%)で熟成後、ステンレスタンクで3か月熟成。

カシスやブラックチェリーなどこのアペラシオンらしい黒い果実のアロマに、森の下草やジビエなど複雑なフレーヴァー。豊かな果実味を持ち、非常にきめ細かなタンニンはその果実の中に溶け込んでいる。ヴォーヌ寄りの区画だろうか? しなやかな喉越しのエレガントなピノ・ノワール。

希望小売価格:26,400円

 

上記5種類のほかに、白はプイィ・フュイッセ、コルトン・シャルルマーニュ、赤はコルトン・レ・グラン・ロリエールがある。

(text & photo by Tadayuki Yanagi)

問い合わせ ラック・コーポレーション ☎︎03-3586-7501

関連記事

ページ上部へ戻る