「1962 RED ALE」、横浜ビール・サンクトガーレン・SVB東京の同い年醸造家でコラボビール

横浜ビールは、3名の醸造家が会社の垣根を越えて共同開発したクラフトビール「1962 RED ALE」を8月9日から発売する。

同じ1962年生まれという、横浜ビールの熱血伝道師・田尻和彦氏、サンクトガーレン代表・岩本伸久氏、スプリングバレーブルワリー(SVB)マスターブリュワー・田山智広氏の3名によるトリプルコラボ企画。
 「1962 RED ALE」は「レッドX」という特殊なモルトのみを使用したアメリカンレッドエール。 モルトの香ばしさとホップの華やかな香りのバランスがとれたビールとなっている。
アメリカンホップをふんだんに使用し、 仕上げにキリンビール独自の「ディップホップ」製法で香り付け。 綺麗な赤色をしたビールは、 優しくもしっかりとした香りをまとっている。
アルコール分5%、IBU38。容量350㎖缶、希望小売636円(税別)。
取扱店舗は、そごう横浜店、 横浜高島屋、 日吉東急アベニュー本館1F東急フードショー和洋酒売場、 セブン-イレブン 横浜ハンマーヘッド店など。

 プロジェクト経緯について横浜ビールの田尻氏は「過去2回ほど、 自分の誕生日に向けてビールを仕込ませてもらっていました。今年は特に60回目の誕生日という事で何か特別な事をやりたいと考えていた。たまたま、同じ神奈川県に同じ年に生まれたビール界のレジェンドが2人もいるので、 一緒にやって欲しいとストレートにお声がけしたところ、 快諾を頂いた事がきっかけでした。 それぞれ立場は違っても、 ビールに対する熱い想いは変わりません。 今回の仕込みを皮切りに、 各々の誕生日に向けて楽しい事を企画し、 世の中にワクワクを発信していきたいです」と話している。

このプロジェクトでは、今後も各氏の誕生月にあわせて、それぞれの醸造所から3名が協力したビールをリリースする。
第2弾はサンクトガーレンが毎年醸造している「FRESH HOP ALE」の、ホップ収穫を3者で実施し9月上旬発売予定。
第3弾はSVB東京で醸造する3名のコラボビールを12月中旬発売予定。

 

関連記事

ページ上部へ戻る