ベルギービールの祭典、名古屋で8月13日から6日間開催

ベルギービールウィークエンド(BBW)実行委員会は、「BBW2020名古屋」を8月13日~18日の6日間、久屋大通公園エディオン久屋広場・エンゼル広場で開催する。
 BBWはベルギーの首都ブリュッセルにある世界遺産グランプラス広場で毎年9月第1週末に行われるベルギー最大のビールの祭典。2010年に東京で初開催して以来、全国各地で合計10万人以上を動員し、ベルギービールのファン拡大に大きく貢献しているイベント。その皮切りとなるBBW名古屋は、今年はCOVID-19感染拡大防止のため4月23日開催予定を延期していたが、この度、政府、自治体のガイドラインを基に独自に策定したガイドラインに沿って、感染拡大予防対策を講じたうえで開催する。

 BBW2020名古屋では11タイプ81種類のベルギービールが登場。そのうち16種類がBBW初登場のビール。またベルギービールに合うグルメでは、ベルギー名物のフリッツをはじめ15種類の料理や、デザートにベルギーのヨーグルトが初登場など、BBWならではのペアリングを通じてベルギーの食文化を紹介する。
会場のエディオン久屋広場・エンゼル広場では、ソーシャルディスタンスを確保できるテーブルレイアウト、手洗い・手指消毒設備の設置や受付・販売ブースへの飛沫防止シートの設置、入場時の検温や追跡システム導入などの環境を整備する。一方、毎年人気のベルギー来日アーティストによるライブステージは、今年は行わないことが決まった。
 開催日時は、8月13日14時~21時、14日~16日10時~21時、17日~18日16時~21時。
チケットはスターターセット(BBW2020オリジナルグラス1個、飲食用コイン10枚) 3100円、飲食用コイン(5枚セット)1100円。オンラインチケット取り扱いは公式サイト(www.belgianbeerweekend.jp)か楽天チケット。混雑状況把握のため日付指定で販売。混雑の場合は当日販売チケットの制限や、混雑状況をWebサイト上でリアルタイム表示し分散来場の協力を促す。

関連記事

ページ上部へ戻る