アサヒユウアス、ビール粕を原料にした「アップサイクルグラノーラ」を発売

アサヒユウアスは、ビール製造工程で発生する副産物のビール粕を活用した「アップサイクルグラノーラ」を8月18日から、アサヒユウアスモールなどで販売する。
製造はGRaiL Japanで、同社が運営するスイーツ店「バナナファクトリー」(東京・墨田区)でも販売。併せてバナナファクトリーとコラボした「森のタンブラー for バナナファクトリー」「森のマイボトル for バナナファクトリー」も数量限定販売する。

 ビール粕とは、ビールを製造する際のろ過工程で発生する麦芽粕のこと。アサヒグループでは主に飼料として活用しているが、豊富な食物繊維、高たんぱく、低糖質という特徴を生かし、グラノーラとしてアップサイクルした。
ビール粕を18%配合し、オーツ麦やバナナチップス、ナッツなどにメープルシロップを混ぜて焼き上げ、サクサクとした食感に仕上げた。モルトやナッツなどの香ばしい味わいと、バナナチップスなどの優しい甘みが楽しめる。
食品添加物無添加で、また動物性原料不使用なのでヴィーガンの方も楽しめる。
内容量150g、販売価格1,188円(送料別)。

関連記事

ページ上部へ戻る