美とライフスタイルのインフルエンサー3名を選出、ドイツワイン・スペシャルアンバサダーコンテスト

ドイツワインの魅力を伝える特別大使を消費者の中から選ぶコンテストが開催された。Wines of Germanyの本部、ドイツワインインスティトゥートが本国で70年前から毎年選出しているドイツワイン女王は、何らかの形でドイツワインに携わっていることが条件で、ワインに関する豊富な専門知識が問われる。が、この審査は全く異なる価値基準で行われた。ただでさえ難しいと敬遠されるドイツワインを専門家が説明しても、新たな消費層には届きにくい。魅力的な女性が消費者目線で発信する訴求力を重視した。

応募資格は20歳以上50歳未満の日本国籍の女性。ワイン関連の仕事に従事しておらず、SNSの発信者であることが条件だ。書類審査を通過したファイナリストはドイツワインの基礎知識だけでなく、ワインと美容健康との関係も含めたセミナーを受講した。

決勝の公開審査では、ワインに関するテストに加え、2分間のアピールタイムでの自身のライフスタイルとワインに関するプレゼンが重視された。審査の結果、上位3名がスペシャルアンバサダーに選ばれた。1位の芳美リンはキャンプとラリースポーツが好きなモデル兼レポーター。ドイツワインとアウトドアとの相性を訴求。2位の笹倉麻耶はイメージコンサルタント。若い頃は太ると思い飲まなかったワインを楽しむようになった経験を語った。3位の渋谷美穂はフィットネストレーナーで様々なボディメイクコンテストの勝者。ワインと美と健康を体現している。

3名は7月に5日間のドイツワインの旅に招かれ、各自のSNSでその魅力を発信する。

(Saori Kondo)

写真:左から、笹倉麻耶、芳美リン、渋谷美穂

関連記事

ピックアップ記事

2019-11-14

最高で最少のヴィンテージ サロン2008年

ページ上部へ戻る