キリンビール、新しい「本麒麟」でイベント―リニューアルで「うまさと品質」いっそう強化

 キリンビールは「新しい〈本麒麟〉完成披露会」を2月25日に都内で開いた。
 「本麒麟」は味覚とパッケージデザインをリニューアルして1月中旬製造品から順次切り替えしている。大麦を増量し、仕込過程に新技術を採用することで「本麒麟」の強みである「ビールに近い卓越したうまさと品質」をいっそう強化。田山智弘マスターブリュワーは「今考えうる最高の『本麒麟』ができた。キリンの創業以来こだわってきた上質な苦みに、ヘルスブルッカーホップを使用し長期低温熟成させ、調和のとれたコクのある味わいを実現した」と説明した。
 当日は「本麒麟」をイメージしたステージで、CM出演している俳優の高橋一生さんと、ゲストにタレントの川島明さん(麒麟)、百田夏菜子さん(ももいろクローバーZ)が登場。「上質な苦み」や「力強いコク」をアピールした。

関連記事

ページ上部へ戻る