サッポロ、米クラフト「アンカー」フードペアリング提案強化

サッポロビールはグループ傘下の米クラフトビール「アンカー」3種を3月3日から発売した。フードペアリング提案などを通じてブランド認知を高める方針。

「アンカー」は1896年にアメリカ サンフランシスコで創業した、アメリカ初のクラフトビール醸造所として知られる。“スチームビール”名称で地元サンフランシスコで名を挙げ、その後アメリカ全土でも評判となった。禁酒法時代を経て、一時は廃業寸前まで追い込まれたが、1965年にフリッツ・メイタグ氏が事業を再興し再び人気となったブランド。サッポロビールは北米でのビール事業拡大を目的にアンカー社を子会社化。プレミアム価値商材の強化を進め、グローバル市場でのビール事業拡大を目指している。一方で日本市場においても、酒類文化の発展と多様化を進めるなかで“個性豊かな輸入ビール”を提案の一つとして選択。3月から3種の取り扱いを始めた。

「スチーム」は深みのあるアンバー色、濃厚でクリーミーな泡、他にはない醸造プロセス由来の豊かで独特の風味が特長。Alc.5.0%、355mlびん
「リバティエール」はシャンパンの様な泡、独特のホップブーケ、バランスの取れた
特長の、伝統的なエールタイプ。Alc.6.0%、355mlびん
「ポーター」は濃い黒色、濃厚でクリーミーな泡、リッチなチョコレート、トフィー及びコーヒーの風味、フルボディの滑らかさがを備えた王道黒ビール。Alc.5.5%、355mlびん。
製造は、フリッツ氏が当時廃業したドイツの醸造所から入手したという全銅窯で製造。1800年代の製法と同様に開放式の発酵槽で10~15℃の外気で3日間のみ発酵。力強く複雑な風味が特長。

サッポロビールは国内輸入ビール事業の目的として「日本には根付いていない新しい酒類文化の創造、国内のビール市場での「ラガー一辺倒」からの脱却、若年層の多様化受容への対応=将来的なファンの獲得により、酒類文化の発展と多様化を推進する」「『アンカー』には伝統×進化の魅力があり、クラフトビールの本場アメリカを意識したプロモーションを展開する予定。ビヤパブやビヤレストランを中心にアメリカンフードのペアリング等を提案するなど、飲食店を中心に展開を図る」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る