赤れんが庁舎改修事業を支援「クリアアサヒ 北海道の恵み」限定発売

アサヒビールは新ジャンル「クリアアサヒ 北海道の恵み」を6月9日に、北海道限定・完全予約受注制で発売する。製品の売上げ1本につき1円を“「赤れんが庁舎」を次世代に引き継ぐリニューアル活動”に寄付する。
「クリアアサヒ 北海道の恵み」は北海道限定で発売する特別な「クリアアサヒ」で、北海道150年を記念して2018年6月から数量限定で販売している。富良野産大麦を一部使用し、麦の芳醇なうまみとスッキリした清らかな後味が特長。
缶体パッケージは、“北海道の恵み”“「富良野産大麦」一部使用”の文言を記載するとともに、北海道の地図を「クリアアサヒ」のロゴマークの下にデザインした。また缶体上部には、1本1円を“「赤れんが庁舎」を次世代に引き継ぐリニューアル活動”にお役立ていただくことを記載している。大変好評で過去の累計寄付金額は191万6,448円となっている。
Alc.5%、350ml缶、500ml缶。品目はリキュール(発泡性)①。

関連記事

ページ上部へ戻る