EPIワイン・シャンパーニュ部門がフォリオ・ファイン・ワイン・パートナーズの株式の過半数を取得

戦略的な投資により、国内の高級輸入商社の成長計画強化へ

 

家族経営のフランス民間投資会社である EPI と米国市場で最高級ワインの供給者として知られるフォリオ・ファイン・ワイン・パートナーズは、EPI のワイン&シャンパーニュ部門とフォリオ・ファイン・ワイン・パートナーズとの間で、家族経営と投資のパートナーシップを締結したと、7月2日に発表した。

この投資は、フォリオ・ファイン・ワイン・パートナーズが世界で最も優れた生産地の家族経営の優良生産者のグローバルなポートフォリオを構築してきた実績を明らかにしたと言える。また、フォリオは過去5年間、複雑で競争の激しい米国ワイン市場において、EPIが所有するシャンパーニュ シャルル・エドシックのブランド構築に成功してきたことも反映している。

これは、両家と両企業にとって重要な動きであり、現在のブランドと流通パートナーシップのポートフォリオを発展させ、強化する機会を提供する。EPIのワイン&シャンパーニュ部門とフォリオはともに独立した会社で、品質を重視し、ビジネスの成功を実現するための一貫した長期的なアプローチに向けたビジョンを共有している。

マイケル・モンダヴィは、新たに設立されたフォリオ・ファイン・ワイン・パートナーズの取締役会の会長を継続し、EPIのワイン・シャンパーニュ部門の社長であるダミアン・ラフォーリは、フォリオの取締役会に参加する。パオロ・バッテガッツォーレは、既存のリーダーシップチームと共にフォリオ・ファイン・ワイン・パートナーズのCEOを継続する。

フォリオ・ファイン・ワイン・パートナーズの創業者でもあるマイケル・モンダヴィは、この新しいパートナーシップを喜んでおり、「私たち家族は、過去5年間に素晴らしい関係を築いてきたビジネスの先見性あるクリストファー・デスクール氏とパートナーシップを組むことができ、大変喜ばしく思っている。EPIの価値観、ビジョン、ブランド構築へのコミットメントは、フォリオと完全に一致し、このパートナーシップは、私たちのチームが創り上げてきた会社の質の高さの証だ」と述べた。

 

加えて「このパートナーシップにより、私たちは成長軌道を継続し、最高の醸造家のワインを全米のディストリビューター、顧客、ワイン愛好家にお届けし続けられる」と語った。

 

EPIのワイン・シャンパーニュ部門の社長ダミアン・ラフォリーは次のようにコメントした。

「フォリオの株主となり、フォリオのさらなる発展を支援できて嬉しい。私たちは、フォリオの才能あるチームをサポートし、フォリオが米国で最高の高級ワインのサプライヤーのひとつであるというリーダーシップをさらに確立し、グループの戦略的市場である米国でのEPIの地位を確立することを目指す」。

関連記事

ページ上部へ戻る