CT Spirits Japan、ジン、バーボン、リキュール3銘柄発売開始

カンパリグループ(イタリア)の合弁会社CT Spirits Japan(シーティー スピリッツ ジャパン)は7月1日から、新規取扱のプレミアムジン、プレミアムバーボン、ラムベースリキュール3ブランドを発売する。新会社設立後の取り扱い商品第一弾。

プレミアム クラフト ロンドンドライジン「BULLDOG」(ブルドッグ)は2007年にニューヨークで創設され、現代的で型破りな黒いボトルと究極的にスムースで洗練されたスタイル。滑らかでバランスの取れた味わいは伝統的なジンとは異なり、ドラゴンアイ、ホワイトポピー、ラベンダー、ハスの葉といったユニークな素材をはじめとする厳選した12種のボタニカルのブレンドから生まれている。Alc.40%、700㎖、3,800円。

プレミアムバーボン「RUSSELL’S RESERVE」は「ワイルドターキー」のマスター・ディスティラーで著名なジミー、エディ ラッセル親子が造り上げた。樽の内側を最大限に焦がした”アリゲーターチャー” バレルから生まれるリッチでスパイシーなキャラメル、そしてバニラの華やかな風味を楽しめるプレミアムバーボン。
「RUSSELL’S RESERVE10年」は新樽で10年熟成。リッチなバニラとキャラメルの香りとスパイシーでほのかな果実のテイストが感じられる独特のなめらかな味わいが特徴。90プルーフ(45%アルコール)、750㎖、希望小売7,000円。「RUSSELL’S RESERVEシングルバレル」はノンチルフィルタード製法。マスター・ディスティラーにより厳選された樽には独特の個性があり、芳醇なバニラの香りとスパイシーで力強い味わい、濃厚で複雑な長い余韻が特徴。110プルーフ(Alc.55%)、750㎖、1万円。

リキュール「KOKO KANU」(ココ カヌー)はライトで爽やかなココナッツフレーバーと熟成ラムを使用したリキュール。ジャマイカで最も古いラム蒸留所の1つであるWray & Nephew社でつくられる、上質なフルボディの熟成ホワイトラムに、天然のココナッツフレーバーを加えた。ショートやロングカクテルはもちろん、ロックでも楽しめるなどミキサビリティに優れる。Alc.37.5%、700㎖、2,100円。

関連記事

ページ上部へ戻る