ウイスキー蒸溜所体験リモートツアーを開始,サントリースピリッツ「山崎」「白州」で

サントリースピリッツは「サントリー山崎蒸溜所」「同白州蒸溜所」の見学が自宅でできる「オンライン・ライブ」有料配信を2月6日から始めた。1月21日からは無料の「360°フリーツアー」も始めており、新たな生活様式に合わせた蒸溜所見学を通じてウイスキー体験の場をつくっていく。

ウイスキーづくりの現場を体感してもらう場としてこれまでも両蒸溜所で見学ツアーを行っており、年間約30万人の来場があった人気企画。しかし2020年2月以降は新型コロナの影響で一般見学を中止しており、再開を望む声が多く寄せられていたという。また従来から「離れた地域に住んでいるのでなかなか参加できない」という声もあったことから、リモート蒸溜所ツアーとして企画を立ち上げた。

 

 「オンライン・ライブ」(有料)はナビゲーターがライブ配信で蒸溜所を案内するツアーで、チャットを通じて質疑応答にも対応する。
事前に送られてくるURLからZoomで参加すると、ライブ映像をもとにナビゲーターの案内で製造工程を細かく解説。山崎蒸溜所の場合は、最寄りのJR山崎駅から蒸溜所までの映像も加えられるなど、訪問した感じを高める工夫がされている。また、従来の見学ツアーでは見ることができない発酵槽の中を覗き込むなど、

ライブ配信でしか味わえない体験も用意。要所要所でガイドのQ&Aや「来たことがありますか」等の問いかけもあり、リアルでの見学同様に楽しめる。
また試飲体験として、自宅にシングルモルト「山崎」180mlと山崎ロゴ入りの特別グラスが入ったキットが自宅に届けられ、解説を受けながら試飲体験。おいしいハイボールの作り方やフードペアリングなども紹介。ウイスキーの楽しみ方をより広げる内容となっている。


参加費は3000円(キット・送料込み、税別)。事前予約制で定員は各回先着200人。土日のほか平日開催もあり、1日1~2回。所要時間は約60分。

「360°フリーツアー」(無料)は360°バーチャルリアリティ技術で、山崎蒸溜所ウイスキー館、白州蒸溜所ウイスキー博物館(一部)の空間を自由に、いつでも見学できる。展示それぞれに詳細情報がリンクされていて、展示に関する解説や動画を見ることができる。また蒸溜所オリジナルグッズが購入できるオンラインショップを開設しているほか、「蒸溜所検定」クイズ(2021年春公開予定)でより理解度を深められるようにしている。

サントリースピリッツウイスキー事業部の本山峰之部長は「2021年ウイスキー事業戦略では、『ハイボールによる継続的な市場牽引』『プレミアムウイスキーによる品質訴求』『プレミアムのハーフ(サイズ展開)による接点拡大』と『蒸溜所体験の革新』に取り組む。新しい蒸溜所体験では、オンラインだからこそできるライブ感に特にこだわった。オンラインならではの“最高体験”を追求し、多くのお客様にウイスキーの魅力や品質の拘りを訴求することで、将来にわたってウイスキーファンの創出を図っていく」と話している。
なお、同ツアーはコロナ収束後も継続していく予定。多言語化をはじめ海外展開なども今後検討していく。

関連記事

ページ上部へ戻る