サントリー×ハウス食品 「金麦」と「こくまろ」「ジャワ」で夏のカレーコラボ販促

サントリービールはハウス食品とコラボし、夏場に食卓出現率の高い「カレー」と新ジャンル「金麦」で共同キャンペーンを展開する。7月5日にオンラインで説明会を開いた。
「絶対もらえる!夏のあいあいカレー皿」キャンペーンは7月5日~8月16日まで実施。対象商品は「金麦」「同〈糖質75%オフ〉」「同〈ザ・ラガー〉」「同〈香り爽やか〉」及び「こくまろカレー」「ジャワカレー」の応募シール付き商品。
応募シールのポイントは共通して使え、60点、100点で<絶対もらえるコース>、12点で抽選で当たるコース、3点でweb限定デジタルギフトコースがある。
 コラボの背景についてサントリービールの眞田学マーケティング本部ブランド戦略部課長(左)は「新型コロナにより外出自粛やテレワークが迫られるなか、家族の絆の大切さ、それを実感する夕食シーンの大切さに気付き“ちゃんと家で食事すること”への意識が高まっている」と説明。内食率が昨年・今年は80%と高水準であることを受けて「日々の食卓をより豊かに、より幸せにすることを目指し、製品における取組みに加えて、ハウス食品とコラボすることで“夏の幸せな食卓”を提供する」と説明。「金麦」は「いつでもおいしく飲んでもらいたいという思想のもと、お客様に合わせて季節ごとに味わいを変える新たな取り組みに挑戦。金麦の設計範囲内で味をととのえた。爽やかに仕立てた『夏の金麦』は力強い味わいの夏野菜やスパイシーな香りの料理にあう」と話した。
 ハウス食品の友原厚・食品事業本部食品事業一部ビジネスユニットマネージャー(右)は「カレーは夏に販売指数が上昇し、6月~8月下旬がピーク。特にスパイシー感や辛さを求める傾向が高まり、カレーメニューへのニーズが高まる。また夏バテ予防を意識して『旬の夏野菜』を手軽に上手に摂取できるメニューが人気。カレーのある食卓を当社のカレーと『金麦』で楽しんでほしいとの思いから、サントリーと一緒に夏の食卓を彩るキャンペーンを実施する」と説明。
店頭では、「金麦」に合うメニューとして「和香るキーマカレー」「クミン香るししとうとトマトのビーフカレー」「夏野菜のスープカレー」など「金麦」3種それぞれに3レシピの計9レシピを提案。地上波情報番組でのキャンペーン告知なども行い、期間中盛り上げを図る。

関連記事

ページ上部へ戻る