MHDモエ ヘネシー ディアジオ、一度終売した「タリスカー30年」を再発売

MHDモエ ヘネシー ディアジオは2017年のボトリングを最後に終売した「タリスカー30年」を、装い新たに5月18日から数量限定で販売を始めた。
 新たなタリスカー30年は、リリース年ごとに味わいの個性が異なるカスクストレングスとして年一回ボトリングされ、加水や冷却濾過をせず、もっとも純粋にスコットランド・スカイ島の自然を体現するタリスカーの頂点として生まれ変わる。
タリスカーの特徴である海潮と黒胡椒の風味をより柔らかく繊細に表現。口当たりはゆっくりと甘みが広がり、 次第に苦味と海潮、 そしてわずかなスモーキーさの後で隠し味のように黒胡椒の風味と辛みがあらわれ、 口の中が乾いたような感覚になる。
加水するとゆっくりと甘みがあらわれ、 優しい味わいに変化していくが、 次第に黒胡椒の風味が舌を覆う。 余韻は長く、 わずかな苦味とスモーキーさを感じながらも非常にドライな感覚。
パッケージデザインも一新した。海に育まれたタリスカーの「MADE BY THE SEA」という世界観を感覚的に訴求。 さらにボトル本体のプラスチック使用量を86%削減し(削減後使用量0.77g)、 よりサステイナブルな素材になっている。
アルコール分48.5%、容量700㎖、価格105,000円(税別)。

関連記事

ページ上部へ戻る