ヴーヴ・クリコ創業250周年記念 Champagne Veuve Clicquot Solaire Culture

ヴーヴ・クリコ創業250周年を記念して、初の世界巡回展「Veuve Clicquot Solaire Culture(ヴーヴ・クリコ・ソレール・カルチャー)」が、他国に先駆けて東京・神宮前のJingで6月16日から開催される。本展のテーマカラー「イエロー」は太陽(ソレール)の色であり、ヴーヴ・クリコのブランドカラー。19世紀にメゾンの歴史を切り拓いた女性起業家マダム・クリコの生涯に焦点を当て、250年のヴーヴ・クリコの歴史と共に紹介する。

マダム・クリコの革命的精神を現代に継承する女性アーティスト10名の作品を展示(本展はすべて女性の作品によって構成)。日本人では現代アートの巨匠、草間彌生氏による唯一残るマダム・クリコの肖像画にメッセージが加えられたコラボレーション、漫画家の安野モヨコ氏によるヴィンテージ・シャンパーニュを生み出した様子を描いた漫画などを見ることができる。

2階の展示もまた面白い。

入場無料。会期中は併設レストランで、ヴーヴ・クリコとそれに合わせたペアリングフードが提供される(有料)。

草間彌生『水玉により自己消滅したマダム・クリコ』2006年(メゾン・ヴーヴ・クリコ・コレクション)

草間彌生とのコラボレーションボトル「ラ・グランダム 2012」

3階の展示。シェイラ・ヒックス『ジョイフル・インターリュード・アンサンブル』2022年

 

■会期:2022年6月16日(木)〜7月10日(日)
■入場:無料 ※20歳以上
■会場:jing (ジング) 東京都渋谷区神宮前6丁目35−6

関連記事

ページ上部へ戻る