ルイ・ロデレール Louis Roederer/ブリュット・プルミエはバランスを追究したクリエイション

醸造責任者のジャン・バティスト・レカイヨン曰く「1929年、 45年、47年、55年、59年、61年、62年、64年、69年はとても熟度が高かった。最近1929年のロデレールで35年にデゴルジュしたものを試飲する機会があったが、ドザージュは7g/lだった」。

醸造責任者のジャン・バティスト・レカイヨン曰く「1929年、 45年、47年、55年、59年、61年、62年、64年、69年はとても熟度が高かった。最近1929年のロデレールで35年にデゴルジュしたものを試飲する機会があったが、ドザージュは7g/lだった」。

 

<ブリュット・プルミエの異なる顔>

右3本がベースワイン違いのブリュット・プルミエの裏ラベル。手元にボトルがあれば、中身の詳細はAppを使えば判明する。

右3本がベースワイン違いのブリュット・プルミエの裏ラベル。手元にボトルがあれば、中身の詳細はAppを使えば判明する。

もうひとつ面白い試飲をした。ベースワインの違いの「ブリュット・プルミエ」比較だ。

*2007年ベース/2010年10月デゴルジュマン/ノン・マロラクティック。蜂蜜、少しドライな果実など複雑性のある熟成香が広がり、まろやかで厚みがあり後味はフレッシュ。

*2008年ベース/2012年6月デゴルジュマン/テンションが高く生き生きとした香りと味わいで、なめらかだが全体的にタイトでいわゆるミネラル感が強い。

*2010年ベース/2014年10月デゴルジュマン/バニラ、トーストなどふくよかな香りで、フレッシュでエレガントながら厚みやストラクチャーの強さが感じられ、余韻も長い。

「エレガンスと精緻さ」というルイ・ロデレールのIDは同じだが、ベースワインの年の特徴も綺麗に映し出されている。また同時に、熟成可能性についても確認できた。

最後に気になる続編について尋ねてみた。ノン・ドゼの「ブリュット・ナチュール」は2009年ヴィンテージが、今年7月に発売されると決まったようだ。(Y. Nagoshi)

本稿はウォンズ2016年6月号のシャンパーニュ特集「シャンパーニュのドザージュの変化に関する考察」に掲載したひとつの記事です。ウォンズ本誌のご購入・ご購読はこちらから

本誌記事でカバーできなかった内容を、「ヴァン・クレール編」  「リザーヴワイン編」として別途掲載しました。

1 2

3

関連記事

ページ上部へ戻る