“糖質ゼロ”発泡酒「スタイルフリー〈生〉」販売好調

 アサヒビールの“糖質ゼロ”発泡酒「アサヒスタイルフリー〈生〉」の販売が好調だ。新型コロナで外出自粛、健康志向の高まりなどから直近のビール類市場では糖質やプリン体などに配慮した商品の需要が拡大。2007年から発売し糖質ゼロ発泡酒のパイオニアとして知られる同ブランドに注目が集まっている。
 「スタイルフリー〈生〉」は今年3月下旬製造分から順次クオリティアップを実施し、糖質ゼロでありながら麦の豊かな味わいや“ビールらしい”本格的な飲みごたえある中味が高く評価されている。消費者調査でこのユーザー層は「糖質などを気にしながらも、前向きに開放された気分でビール類を楽しみたい」というニーズがあることがわかり、5~7月に実施したアウトドアグッズが当たるキャンペーンは前年の2倍を超える応募となるなど好評を博している。

 「スタイルフリー〈生〉」をはじめ、「スタイルフリーパーフェクト」「アサヒ オフ」「クリアアサヒ贅沢ゼロ」の、糖質やプリン体に配慮したビール類4商品合計で7月販売量が前年比10%増と好調。9月7日からはこの4商品対象で「秋のアクティブライフグッズ プレゼントキャンペーン」を実施。“家でも外でも楽しめる”をテーマに、「コールマン」のグッズなどが抽選で総計2000名に当たる。
 また「スタイルフリー〈生〉」では10月13日から「オリジナルデザイン2wayトートバッグ」が絶対もらえるキャンペーン」を実施。引き続き販促やデジタルを活用した広告活動なども合わせて積極的に展開することでブランド認知拡大や飲用喚起を図る。

関連記事

ページ上部へ戻る