国際酒会ジョイ・オブ・サケ 「第20回全米日本酒歓評会」受賞酒を発表

海外で開催される日本酒審査会として最も歴史の長い、有志団体「国際酒会」主催の「第20回全米日本酒歓評会」が10月17日~19日にアメリカ・ハワイ州で行われ、4部門のグランプリはじめ各賞受賞酒がこのほど発表となった。
グランプリ受賞銘柄は、大吟醸A部門(精米歩合40%以下)=大吟醸 極聖/宮下酒造株式会社(岡山県)▽大吟醸B部門(精米歩合50%以下)=桃川 大吟醸/桃川株式会社(青森県)▽吟醸部門=特撰國盛 純米吟醸 半田郷 酵母1801号/中埜酒造株式会社(愛知県)▽純米部門=梵・純米55/合資会社 加藤吉平商店(福井県)。
今年は日本全国およびアメリカとメキシコの199蔵元から、4部門に502銘柄がエントリー。例年は夏に行っていた審査会は今般のコロナ禍の影響で延期となっていたが、時期をずらして開催。審査会場のホノルルへの渡航規制により、審査員を米国在住の日本人及び米国人の日本酒専門家9名で構成し、厳重なコロナ対策のうえ完全ブラインド方式で審査を行った。
その結果、133品に金賞、120品に銀賞が授与されたほか、金賞の評価の高い順からグランプリ、準グランプリを決定。また第1回からの受賞を数値化してその累計が最も高い蔵元として合資会社 後藤酒造店(山形県)を選出し、エメラルド賞を授与した。各賞受賞結果はwebサイト(http://www.sakeappraisal.org)で公開している。
なお、受賞酒を出品する一般公開利き酒会「ジョイ・オブ・サケ」は米国2都市で予定されていたが規制により延期され、2021年の年明けに新たな日程が発表される予定。

関連記事

ページ上部へ戻る