キリンビール社長に堀口秀樹氏、キリンビバレッジ社長に吉村透留氏。2022年1月1日より。

 

堀口秀樹氏
1985年慶應義塾大学商学部卒業後、キリンビール入社。フォアローゼズディスティラリー社・代表取締役社長、小岩井乳業・代表取締役社長、キリンビバレッジ・代表取締役社長(現職)歴任。

キリンホールディングスは本日11月9日、同日開催の取締役会においてキリンビール代表取締役社長に堀口秀樹氏を(現・キリンビバレッジ代表取締役社長)、キリンビバレッジ代表取締役社長に吉村透留氏(現・キリンビール取締役)を内定したと発表した。就任予定日は2022年1月1日。

キリンビールは、前代表取締役社長・布施孝之氏が今年9月に逝去したことを受け、キリンホールディングス代表取締役社長の磯崎功典氏が兼任していた。

 

 

吉村透留氏
1988年東京大学農学部卒業後、キリンビール入社。生産本部生産統括部企画担当部長補佐、米国マサチューセッツ工科大学MBA留学、キリンホールディングス・グループ提携戦略担当ディレクターなどを経て、キリンビール取締役(現職)。

関連記事

ページ上部へ戻る