女性が選ぶ「サクラアワード2022」受賞ワイン発表 5月30日には授賞式開催

ワインアンドスピリッツ文化協会が主催する、女性だけで審査するワイン品評会「SAKURA Japan Women’s Wine Awards2022」の受賞ワインが4月28日に発表された。

田辺由美審査委員長(右)とマリエタ・アラバジエヴァ駐日ブルガリア大使(左)

25か国4,652アイテムの出品ワインを延べ430名の女性審査員がブラインドテイスティングで審査し、286アイテムが「ダブルゴールド」、1,425アイテムが「ゴールド」、614アイテムが「シルバー」の計2,325アイテムが受賞。また「ダブルゴールド」のなかから60アイテムが「ダイヤモンドトロフィー」に選ばれた。
さらに「女性ワインメーカー賞」など8つの「特別賞」、料理との相性から選ばれる9つの「和食・アジア料理に合うワイン賞」に、ゴールド以上の受賞ワインのなかからそれぞれ10アイテムが選定され、それぞれ最高点のワインは「グランプリ」の称号が与えられた。

 各賞のグランプリは次のとおり(カッコ内は取扱会社)。
寿司に合うワイン賞=「Chateau Grand Jean2021」(ドウシシャ)▽天ぷらに合うワイン賞=「1+1=3 Cava Brut Nature 2018」(ヌーヴェル・セレクション)▽すき焼きに合うワイン賞=「Solesta’ Rosso Piceno DOC Superiore2019」(稲葉)▽鉄板焼きに合うワイン賞=「Glenelly Estate Reserve Red 2015」(マスダ)▽焼き鳥に合うワイン賞=「Ortese-Rosso」(髙瀬物産)▽寄せ鍋に合うワイン賞=「30Miles Chardonnay2020」(東京ヨーロッパ貿易)▽中華料理に合うワイン賞=「Tsarine Rose Brut」(東亜商事)▽韓国料理に合うワイン賞=「Finca la Escondida Malbec2021」(小川貿易)▽タイ料理に合うワイン賞=「Brolettino2019」(ピーロート・ジャパン)。

 女性ワインメーカー賞=「Bourgogne Pinot Noir les Ursulines2020」(日本酒類販売)▽ジャパニーズワイン賞=「酵母の泡 甲州SEC」(マンズワイン)、「さっぽろワイン ソービニオン・ブラン」(さっぽろワイン)、「マスカットベイリーA2018」(楠ワイナリー)、「岡山ピオーネ」(ひるぜんワイン)▽ロゼワイン賞=「Ceresia2021」(フランス、未輸入)▽いつも飲みたいスパークリングワイン賞=「Finca del Mar Cava Brut Rose」(都光)▽デザートワイン賞=「Tokajsky Vyber5putnovy2007」(スロバキア、未輸入)▽フォーティファイドワイン賞=「Mistela Moscatel Turis2020」(オーバーシーズ)▽これから飲みたい品種賞=「Makashivili Wine Cellar-Khikhvi2019」(モトックス)、「Viorica2020」(ジャンボツアーズ)。

授賞式は5月30日にホテル雅叙園東京で行われる。

関連記事

ページ上部へ戻る