「スーパードライ 長岡花火ラベル」新潟限定で発売 花火財団に1本1円を寄付

アサヒビールは「スーパードライ 長岡花火ラベル」を新潟県限定で7月12日から数量限定販売する。

この商品の売上げ1本につき1円を、「長岡まつり大花火大会」を主催する一般財団法人 長岡花火財団に寄付し、長岡花火の普及振興活動に役立ててもらう。

 今年フルリニューアルした「スーパードライ」の限定缶。パッケージには長岡花火のシンボルマークとロゴを配した。「長岡まつり大花火大会」は、大型花火が数多く打ち上がる新潟県長岡市の花火大会であり、日本三大花火大会のひとつ。今年は8月2日・3日に開催されるこの花火大会に先駆けて商品を発売し、長岡市の盛り上げを後押しするとともに、地域の活性化を目指していく。
アルコール分5%、純アルコール量14g。350㎖缶。

 また昨年11月に鹿児島県で販売した「アサヒスタイルフリー<生>奄美応援デザイン缶」の“売上1本につき1円”の寄付金額がこのほど確定。20万9,616円を「世界自然遺産基金」に寄付。昨年7月実施分と合わせた累計寄付金総額は45万2,400円となった。

今年も7月5日から発売しており、引き続き、地域との共創に取り組んでいく。

 

関連記事

ページ上部へ戻る