カクテルコンペ「ジファール ウェストカップ」日本予選大会への出場者10名決定

フランスの老舗リキュールメーカー「ジファール」が主催する国際カクテルコンペティション「ジファール ウェストカップ」の日本代表を選考する「ジャパン・ファイナル」の出場者10名がこのほど決定した。7月25日に東京・日本橋の「XEX 日本橋 The Bar」で最終審査が行われる。

競技は、3つのリキュールのいずれかを使ったオリジナルカクテル製作の「Summer Breeze Cocktails」と、音楽とのペアリングをテーマとしたワールド・ファイナル審査カクテル「Listen to the Flavours」の、2種のカクテルを製作する実技審査で行う。
第1次審査(書類選考)を通過した、竹田英和氏(Bar 霞町嵐/東京都)、廣井拓也氏(Bar Noble/神奈川県)、クラサワカズオ氏(dunhill bar/東京都)、中島ショーゴ氏(フリーランス)、高野一樹氏(トランジットジェネラルオフィス/東京都)、大場健志氏(bar cacoi/東京都)、富田上総氏(ヒルトン東京/東京都)、岩崎櫻子氏(ザ・カハラ・ホテル&リゾート横浜 ザ・カハララウンジ/神奈川県)、中村和子氏(Bar Cask/佐賀県)、平田圭祐氏(アンワインドホテル&バー小樽 Bar Ignis/北海道)が出場。

 優勝者は日本代表として、2022年9月25日~28日に、 ジファールの本拠地であるフランスのアンジェで開催予定の「ワールド・ファイナル」にて、日本を含む世界17カ国のトップバーテンダーと競う。

ジファール・ウェストカップは、世界85か国で愛されるリキュールメーカーの「ジファール」が1997年から2年おきに開催している国際カクテルコンペティション。日本は今回が初参加で、国内予選には全国のプロのバーテンダー200名が参加している。

 

関連記事

ページ上部へ戻る