明治屋、「アーリー・タイムズ」「バッファロー・トレース」など8月以降取り扱い開始

明治屋は世界的な酒類・飲料ブランドの大手グループ企業、サゼラック社と、日本市場における「アーリー・タイムズ」、「サザン・カンフォート」、「バッファロー・トレース」等の総代理店契約締結に向け合意に至った。

8月1日から取り扱い開始する「バッファロー・トレース」は深い琥珀色、バニラ、ミント、糖蜜のアロマを持ち、複雑で力強い贅沢な味わいのケンタッキー・ストレート・バーボン。熟成年数7ー8年以上。最高級のコーン、ライ麦、大麦麦芽を使用している。
「イーグル・レア」は10年以上熟成された樽から原酒を厳選、バニラやヘーゼルナッツの香りとともに、バタートフィのアロマがエレガントに広がるケンタッキー・ストレート・バーボン。

9月発売予定の「アーリー・タイムズ」はアメリカの“フロンティア・スピリット(開拓者精神)”を象徴し続け、世界中で愛されるウイスキーブランド。
「サザン・カンフォート」は世界110か国以上で親しまれる、アメリカで最も歴史あるリキュールブランドのひとつ。
「サゼラック・ライ」は世界最古のカクテル「サゼラック」のカクテルベースとなるライウイスキー。
「ウィートリー・ウォッカ」は少量限定生産で造られるクラフトウォッカ。
「ペイショーズ・ビターズ」アロマティック・ビター。はカクテル「サゼラック」のオフィシャルカクテル材料。

明治屋では「創業以来約140 年にわたり、世界各国から高品質の酒類を直輸入し、ブランドの育成と認知度の向上に取り組んできた。このたび、サゼラック社の日本市場についての将来ビジョンと当社のブランド育成ポリシーが一致し、『アーリー・タイムズ』や『サザン・カンフォート』などの確固たるブランドポジションを確立することで、現在取扱いのハードスピリッツ類やワイン等の販売との相乗効果を生み、多様な消費者の期待と信頼にこたえる付加価値を提供しつづけていく」としている。

関連記事

ページ上部へ戻る