~Bar Pálinka~/ハンガリーの伝統蒸留酒「パーリンカ」

写真/カイピリンカ
洋ナシのパーリンカ30mℓ、ライム1/2、特上白砂糖1tsp。グラスにカットしたライムと特上白砂糖を入れ、ペストルで優しく潰す。洋ナシのパーリンカを注ぎ入れ、クラッシュドアイスを適宜加える。

フルーツを贅沢に使ったスピリッツ 人気高まり、外販いよいよ本格化へ
~Bar Pálinka~

東京・神楽坂にある日本で唯一の専門バーが発信する、ハンガリーの果物原料の蒸留酒「パーリンカ」が着実に知名度を上げている。輸入量が限られる商品は入荷とともに直販・通販で瞬く間に完売。関係者は全国のバーに向けて取り扱いを拡大していく方針だ。

「パーリンカ」は、ハンガリーで造られる、果物を原料とする蒸留酒。ハンガリー国外で造られるフルーツブランデー等とは明確に区別されており、2002年にはEUの原産地呼称保護(PDO)認定を受けた。2004年には生産方法を具体的に示したパーリンカ法を制定。数度の改定が行われ現在にいたっている。

松沢健氏 新宿の薬草バー「Bar Benfiddich」で修業。姉妹店のフルーツブランデー専門バー「B&F」の立ち上げから初代店長を経験し、独立。ハンガリー政府公認のパーリンカ騎士団に任命され、正装で毎日カウンターに立つ。

 

Bar Pálinka
東京都新宿区神楽坂3-6-63佐藤ビル2F
☎︎ 03-6265-0544
https://www.palinka.bar

続きは、WANDS 7-8月号
【特集】カリフォルニア ローダイ/新トレンド 多様な世界のスピリッツ/アルゼンチンワインの”今”を探る
をご覧ください。
ウォンズのご購読・ご購入はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る