2019年度産ボジョレ・ヌーヴォー・ワインの販売・消費解禁日の厳守について

今年も間もなくボジョレ・ヌーヴォーが解禁されます。以下、ボジョレワイン委員会からの告知ををご確認ください!

 

本年のボジョレーヌーヴォーの解禁日は、2019年11月21日(木)です。

ボジョレーヌーヴォーの市場がワインとしては他に類のない規模に成長し定着したのは、日本とフランス両国の関係者の信義に基づき、現在まで解禁日が守られてきたからにほかなりません。

例年日本の輸入業者の方からは解禁日を遵守する旨の誓約書の提出をお願いし、フランスの輸出業者は販売・消費期限厳守のステッカーを表書きするなどして、販売・消費期限厳守に取り組んでおります。

このような輸出業者の努力、また輸入業者をはじめ流通、小売店の努力により、販売・消費期    限が守られてきました。しかし、仮にごく一部の関係者によって1967 年制定の政令に反する解禁前の販売・消費という「フライング」がおかされると、今までの努力はすべて水泡に帰し、自らの、そして業界全体のヌーヴォービジネスの破綻を招   きかねません。

日本の消費者の皆様が快く今年のボジョレーヌーヴォーを世界中の消費者と同時に祝せるよう、また業界 のさらなる発展のため、解禁日の厳守に関しまして輸入業者の皆様は勿論、小売店、飲食店の皆様にいたるまで今一度ご理解とご協力を御願い致します。

ボジョレーワイン委員会 Inter Beaujolais

関連記事

ページ上部へ戻る