サントリー×「さきめし」 飲食店応援プロジェクト開始

サントリーグループでは、Gigi株式会社が運営する「さきめし」プロジェクトと連動し、新型コロナウイルスの感染拡大により、休業や営業自粛を余儀なくされている飲食店を応援する輪を広げる。

 

「さきめし」とは、外出自粛などで今は行けない自分のお気に入りの飲食店に食事代を先払いし、新型コロナウイルスの影響が落ち着いた時期に食べに行こうという活動を支援するプロジェクトで、3月にスタートした。

今回、サントリーホールディングスは“飲食業を営む方々を応援したい”“日本が世界に誇る食文化を守っていきたい”という想いのもと、「さきめし」と連動する。「さきめし」では食事代を先払いする際に10%の手数料がかかるが、5月25日(月)から期間限定でサントリーホールディングスが手数料を負担する。また、「さきめし」では、登録したすべての飲食店への「寄付金」を5月25日(月)から5月31日(日)まで受け付ける。サントリーホールディングスは、手数料負担と寄付金をあわせて1億円を拠出するとともに、「さきめし」をサポートすることで継続的に飲食店を応援する。

さきめし店舗登録画⾯ https://manage.app-gochimeshi.com/
飲⾷店様のご利⽤には、登録申請と認証が必要。
<登録⽅法>
1)登録サイトよりメールアドレス⼊⼒、認証を⾏い、登録フォームにログイン
2)店舗概要(店名、所在地、営業時間等)や、提供メニュー等の基本情報を登録
3)現⾦受け取り⽤の⼝座情報を、⼊⾦管理システム(外部)上に登録
4)店舗の「飲⾷店営業許可証」と「印鑑証明証、⾝分証明証、公共料⾦の領収証のいずれか」を登録
5)その後1〜2⽇の審査を経て問題がなければ登録完了、開店

関連記事

ページ上部へ戻る