「タップ・マルシェ」サブスクで全国飲食店盛り上げ

キリンビールは7月20日から、月2,800円の会員費で全国の「Tap Marche」(タップ・マルシェ)加盟店でクラフトビールが平日1日1杯飲めるサブスクリプション型サービス「CRAFT BEER PASSPORT」を始める。継続的な集客・売上げにつなげ、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ飲食店への支援も実現する。
「CRAFT BEER PASSPORT」は対象店舗に掲示しているQRコードをスマートフォンで読むことで簡単に登録することができ、会員は対象店舗であればどの店舗でもサービスを受けられる。
飲食店はこのサービスを導入することで、クラフトビール1杯分の費用負担で新規顧客獲得やリピーターづくりが期待できるほか、会員が来店する都度、一定の売上も期待できる。また、自店舗で新規登録した会員が支払う月額会員費は自店舗に還元されるため、安定的な収入につながる。
また飲食店におけるサブスクリプションサービスはツール利用料金を店側が負担することが多いが、このサービスではツール利用料をキリンとサブスク運営のfavyが負担。さらに9月末までをキャンペーン期間として、サービス導入店で「サブスクリプション導入謝礼」を支払い、クラフトビールの費用負担を軽減する。
キリンビールでは「このサービスを拡大させることで飲食店の活気を取り戻し、外食市場全体が盛り上がる未来を目指す」としており、9月末までに参加飲食店2000店、登録者1万人を目指している。

キリンビールは7月8日、全国の「Tap Marche」(タップ・マルシェ)加盟店でクラフトビールを平日に限り1日1杯飲めるサブスクリプション型サービス「CRAFT BEER PASSPORT」を発表した。料金は月額2800円(税込)で20日に開始する予定。新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ飲食店を集客面で支援する。

タップ・マルシェは、全国で約1万3000店が加盟しているキリンビールのクラフトビール流通サービス。専用のディスペンサーを設置し、20種類以上のクラフトビールから店が選んだビールを定期的に届ける。サブスクリプションサービスではスタート時に約1000店の参加を見込む。

関連記事

ピックアップ記事

2021-9-14

クロ・デ・ムーシュ100周年

ページ上部へ戻る