[サクラアワード2021」3月8日受賞ワイン発表

女性のみで審査を行う世界的にもユニークな国際ワインコンクール「サクラアワード2021」の受賞ワインが3月8日に公式HP(www.sakuraaward.com)で発表される。

また最高賞のダイヤモンドトロフィーと特別賞グランプリは3月20日に同HPで公開。
今回で8回目となる同アワードには過去最多となる世界32カ国4562本がエントリー。審査会は2月8日東京・ホテル雅叙園東京、2月16日大阪・ホテル日航大阪で行った。審査員はコロナ禍を鑑み、前回の約1/3の186名にしぼりスペースを十分確保するなど感染症対策に十分配慮したうえで行った。
受賞ワインは販売協力会社135社、大使館など70団体以上の後援団体のもと、フェア開催などの販促活動を活発に行う。また最近は受賞ワインの取扱いがあるレストラン等業務店に「サポートレストラン」として登録してもらい、販売協力する活動に注力しており、2018年度から始め現在は約70店舗がHP掲載されている。最大の目標である“ワインの消費量を上げる”ことに向けて引き続き活動を活発化させていく。

なお、3月24日には名畑主催「食王(ショッキング)」で受賞ワインブース設置と田辺由美審査委員長のセミナーを開催。5月25日開催の「ワインコレクション関西」にもブース出展&セミナー開催を予定。

関連記事

ページ上部へ戻る