<2019年5月号目次>

<2019年5月号目次>

特集/カクテル
03……カクテルを通してブランドの真髄を探る
04……ネグローニ × カンパリ
05……ウォッカ・マティーニ × グレイグース
06……カンチャ × Havana Club Havana Club 7YO
08……エスティバン × マリーブリザール
09……ブラッディー・カーラ × オピア ロンドン・ドライ・ジン
10……カクテル「アロマティクス」 × タンカレー ナンバーテン
11……フランスのカクテル事情

特集/イタリアワイン
11……アンテプリメ・ディ・トスカーナ2019
22……テヌータ・ディ・アルチェーノ&アーカナム
24……テヌータ・ルーチェ
25……バンフィ ヴァーティカル試飲
26……ビオンディ ・サンティ
27……チェッキ
28……ロマーニャ 古くて新しいワイン産地の今

16……オリヴィエ・フンブレヒトに聞くビオディナミの重要性
31……プロヴァイン2019 四半世紀を経てさらに躍進
36……Backstage Interview EPA 日本のワイン市場への影響
37……RTDに関する消費者飲用実態調査 by Suntory
39……World Wide ビール企業 2018年地域別販売動向
42……世界の酒類企業 販売動向

44……Statistics
49……WANDS STREET

ウォンズのご購入・ご購読はこちらから
紙版とあわせてデジタル版もどうぞご利用ください!

 

【今月の表紙】

ビオンディ ・サンティを訪れた。畑の一部にオリーブとブドウが共存している区画があった。イタリア中部独特の「メッツァドリア」、いわゆる折半耕作の姿の名残だ。このブドウは1936年に植樹されたという。すでに樹齢83年だ。ワインの世界では古木は珍重される。凝縮しバランスよいワインが毎年少量ながらできるからだ。その反面、古木の区画では
若木が育ちにくいとも聞く。南アフリカの古木プロジェクトも注目を集めている。古木の個性を十分に把握してそれに
見合う価格で販売できるシステムが整えば、古木を残していけるにちがいない。

関連記事

ページ上部へ戻る