サントリー生命科学財団、研究者支援プログラム設立 「サントリーSunRiSE」若手研究者10人に計5億円

公益財団法人サントリー生命科学財団は研究奨励助成事業のひとつとして、「サントリーSunRiSE」(生命科学研究者支援プログラム)を1月31日に設立した。生命科学分野における若手研究者10人に対し、合計5億円を支援する。
 対象は45歳までの主任研究員ならびにそれを目指す人。夢と希望ある志の大きい“挑戦的テーマ”を5月中旬~6月中旬にかけてインターネットで応募。10人を選び、2021年4月から5年間、毎年1,000万円を支援する。
 運営委員は同財団理事・生物有機科学研究所の中西重忠所長(京都大学名誉教授)を委員長に、審良静男・大阪大学教授、湯浅誠・東京大学名誉教授、山中伸弥・京都大学教授ら10人が務める。
 都内で開いた会見で、サントリーホールディングスの鳥井信吾副会長は「このプログラムは、創立者の故・佐治敬三の『生命科学でノーベル賞を取るような、日本を背負って立つ若者が育ってほしい』という思いからのもの。基礎研究と応用研究の両輪が回らなければ科学技術は発展しないが、いま日本の基礎研究は危機的状況にある。生命科学に関する基礎研究を行う者の夢や希望を育てる環境をつくりたい」と説明した。

関連記事

ページ上部へ戻る