アサヒビール、居酒屋で人気の「樽ハイサワー」をRTD缶で発売

アサヒビールは業務用の樽詰めサワー「樽ハイ倶楽部」から、家庭用の缶RTDとして「樽ハイ倶楽部レモンサワー」「同大人のサワー」の2品を3月31日から発売する。
「樽ハイ倶楽部」」は1984年にニッカウヰスキーと共同開発し、首都圏限定で販売を開始し、99年に「プレーン」03年に「ドライ」を展開。2019年末現在で約13万店の飲食店で取り扱われている“日本初の樽詰めサワー”。市場シェア50%以上を占める“圧倒的№1”ブランド。

 新商品の〈レモンサワー〉はレモンとウオッカをバランスよく配合したレモンサワー。Alc.8%。〈大人のサワー〉はほのかな柑橘の風味が感じられるプレーン味のサワー。Alc.8%。パッケージ表面に「居酒屋で超人気」と大きく記載するとともに、「樽ハイ倶楽部」のロゴが入ったグラスを中央に配置し、居酒屋で人気の商品を飲んでいる雰囲気を演出した。裏面には「10万店が認めたサワー」の文言と「樽ハイ倶楽部」が35年以上の歴史あるブランドであることを記載し、今話題の“居酒屋のレモンサワー”の草分け的存在であることを強く訴求する。各350ml缶、希望小売141円(税別)。500ml缶、191円。販売目標100万ケース(250ml×24本換算)。

 飲食店で使用しているPOPと統一のロゴを使い、一貫した「樽ハイ倶楽部」のブランディングに取り組む。缶発売時にはPRキャラクターとしてマジシャンのMr.マリックを起用し、デジタルメディアなども積極活用して認知拡大やトライアル促進に取り組む。また飲食店向けには従来よりロゴを大きくしたグラスで商品名認知を高めるほか、検索予約サイト「食べログ」での広告展開も行う。

同社によると「RTD市場は2019年で前年比112%と大幅伸長、12年連続で成長の、酒類市場をけん引するカテゴリー。他カテゴリからの流入も多く今後も10%程度伸長すると見込まれている。消費者調査では、消費税増税後は“外飲みが減り家飲みが増える”という回答が25%もあり、家庭内でのRTD飲用が増える傾向にある」という。こうしたことから飲食店での有力ブランドを家飲みでも提案し、飲食店と家庭用の連動取り組みでブランド接点を最大化する方針。

関連記事

ページ上部へ戻る