シングルモルトスコッチ「グレングラント15年」免税店限定から一般販売へ

CT Spirits Japanは12月7日から、シングルモルト「グレングラント15年」を全国発売する。

これまで免税店限定で販売されていたものを一般市場にリリース。グレングラントらしいフルーティー・ナッティーという特徴を引き継ぎながら、1stフィルバーボン樽で15年熟成されたAbv50%のバッチストレングスと、従来製品にはないノンチルフィルタード製法で、凝縮感があり芳醇なテクスチャーを生み出している。

 

 テイスティングノートは、色は黄金のような小麦色、香りはデリケートなフローラル、フレッシュレモン、リンゴとハニーデューメロンに続くキャラメルとオーク香。味わいはハチミツにスパイスとバニラのヒント、アプリコットジャムに微かなスパイスとナッツを感じさせるモルト感で、余韻は長く続くモルトとハチミツ、リンゴと柔らかなスパイス。
Abv50%、容量700㎖、希望小売1万円(税別)。

 

 

 マスターディスティラーのデニス・マルコムは「この原酒は15年の熟成を経て一つのピークを迎えており、高いアルコール分そのままの味わいを楽しめることはもちろん、加水しながら好みの味わいを見つける楽しみ方もできる」と語っている。

関連記事

ピックアップ記事

2021-9-14

クロ・デ・ムーシュ100周年

ページ上部へ戻る